<< スキマスイッチ15周年コンサート | main | スキマスイッチ15周年at横浜アリーナ >>

出張中に読んだ本 一億円のさようなら

0
    先日横浜出張があり、朝新神戸駅売店で目に入り購入した単行本、白石一文さんの新刊です。
    約20年連れ添った妻が夫に隠していたのは、30億円の遺産があること、その間、勤めていた会社のリストラにあい、都内のマンション購入を諦めたり、子供二人が家計の負担にならないよう、大学を選択したこと、現在勤めている祖父が起業した会社の社長から、経営陣ラインを外されても、家族のことを考えると、会社に我慢してしがみついている自分になぜ妻はそのお金の一部でもいいから出してくれなかったのか?
    妻のことが信じることが出来なくなった夫に妻は、1億円を夫に渡し、好きなように使ってと告げます。
    遺産は、自分のものではないからと、いままで、その存在のことを話さなかった理由を話しますが、夫は黙って会社を辞め、全く縁のない金沢で暮らし始めます。
    もし、自分が1億円を手にしたらどうするだろう?
    1億円は大金ですが、非現実とまでは思えない金額なので、今の生活からはあまり変化ないかもしれません。とりあえず好きな車を買って、車で旅行、いろんな温泉に入って・・・
    あとは、仕事の時間を半分くらいに減らしてリフォームなどの趣味に時間を費やす。この主人公は、新しい地で海苔巻きの会社を起業しますがそんなパワーはないかも、定年後でも続けられるやり甲斐がある仕事とは?
    今の自分にも、かなり現実味があるテーマかもしれません。生活に余裕がないとそんなことは出来ないので残りのお金は運用して・・・と全く夢のない話になりそう。
    この主人公の運命は?妻との関係はどうなるのか?は本を読んでください。

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.11.19 Monday
      • -
      • 12:50
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM