<< スキマスイッチ コンサートへ | main | 地震 >>

IHクッキングヒーター&レンジフード取り替え

0
    我が家は電化住宅です。よって調理はIHクッキングヒーターを建築当初から導入しており、20年が経過しました。
    幸いなことにまだ一度も故障はありません。パナソニックの2口+1口ラジエントヒーター
    しかしさすがに20年使い込むと、あちこちにサビも出てきて、グリルもヤバそう!


    今回買い替えを考え、まず機種を選定、パナ、日立、三菱の中から、グリルが大きくまたIHの直径が大きい三菱にすることにしました。
    カタログや電気量販店で確認した結果、最上機種に決定、ウエブで注文し、自分で取り付ける事にしました。定価は40万円ですが約4分の1で購入
    なおIHの相棒?であるレンジフードも同様、経年劣化が目立ってきたため、取り替えることにしました。機種は見た目もカッコイイパナソニックのスクェア型、IHに連動するECOなタイプです。

    約20年稼働、良く働いてくれました。
    こちらが新しい機種

    旧機種を撤去、現在の機械を取り外すと、キッチンカウンターに油汚れが・・・、隅々まで念入りに掃除


    IHの取り替えは比較的楽でしたが、コンセントがない!コンセントなしの直付けだった。そういえば室内灯も建築時はコンセントなし、業者の施工レベルが低かったことがあとあとわかります。仕方ないのでホームセンターに走りメーカー推奨200Vコンセントを購入、なんとか設置
    次にレンジフード、こちらは現在のもの
    取り替え機種は、パナソニックのシロッコファンを選定

    現状はこんな感じです。
    まずは撤去、レンジフードの巾は、75cm、高さ75cm、通常は吊り戸棚60cmの高さに合わせると見た目がスッキリしますが、そうすると壁タイルの施工が発生するため、現状どおりのサイズにすることに

    前面カバーを外し、換気扇を撤去



    木枠に不燃枠を設置し、取付け枠を設置

    次にレンジフードですが、支える下地がないことが判明!石膏ボードをはぐり、下地づくり


    これが一番時間が掛かりました。
    石膏ボードを復旧、シーリング後、レンジフード取付け

    次にダクト取付け


    悪戦苦闘の様子・・・脚立の天板に乗ってはいけません。

    横幕板設置後、幕板設置




    完成後

    レンジフードが黒からシルバーになったことからキッチンが明るくなりました。IHを起動すると自動でレンジフードが排気、ECO運転するよう、


    初期設定

    調理器からレンジフードまでの高さや調理器具の種類などの設定で排気を自動管理するようです。 ここまでで設置は完了ですが外部排気口に防鳥対策、百均の魚焼き網を代用、
    取付けはテープとかなり原始的です。(しばらく様子見です。)

    とりあえず、これでしばらく様子見、 新しい調理器具で家事が効率的になればいいのですが・・・新しい機器についての感想もまた報告したいと思います。

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.06.22 Friday
      • -
      • 13:37
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << June 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM