<< ビールの泡 | main | 通勤時間 >>

通勤中に読んだ本「世界から猫が消えたなら」

0
    次女の本棚にあったものです。

    2013年本屋大賞ノミネート作品です。
    30歳郵便配達員が突然余命あとわずかと宣告され、彼の分身でもある悪魔と寿命を延ばす代償として、世の中のものを消す取引をしました。
    電話、映画、時計、猫
    別れた恋人、死別した母親、親友などとの関わりを通じて、本当に彼が生きているうちにやりたかった事とは・・・
    知らなかったけど今年、佐藤健、宮崎あおい主演で映画化されるそう、
    自分の命より大事なものとは?
    オススメです。

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.09.21 Friday
      • -
      • 12:50
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM