リーフ車検

0
    (^^)リーフの車検を受けました。
    走行距離約29,000km、費用は自賠責27,840円、重量税7,500円を含め78,000円でした。この中にはカーナビやエアコンの5年延長保証12,000円も含みます。カーナビの地図更新もしてもらってのこの料金は、安いと思います。
    EVのためエンジンオイル交換なし、ガソリン車と同様にエアコンフィルター、ワイパー交換など、メンテナンス費用は安いようです。

    リーフtoホームを実感

    0
      リーフ購入と合わせて設置したリーフtoホーム・・・リーフに最大24kw電気を充電することで災害時の停電時に2日間程度、家庭内の電気機器を使うことができます。
      今日、近所の工事に伴う2時間の停電がありましたが我家は200ボルトの電磁調理器以外は問題なく使えます。
      災害はないに越したことはないけど備えは必要かも



      高速道路での充電

      0
        リーフで高速を走り急速充電してみました。既にNEXCO西日本も課金しています。500円、しかし日産スタンダードプランに入会していれば無料です。

        ケーブルを接続し、カードを認証し、あとは30分待つだけ、

        高速のサービスエリア、パーキングにはかなり整備されており、使用中でなければ快適です。
        5月からは、高速道路の充電設備の使用状況調査を目的とした割引も開始します。

        リーフのその後

        0
          リーフを買って1年が過ぎました。
          今治に単身赴任している自分は、帰省した際にしか、乗っていませんが、経済性は、明らかに向上しています。

          燃費ではなく、電費ですが、月1,000円くらい、実際は、イオンなどの無料スタンドも使用しているため、これよりも、安く済んでいます。
          また、リーフTOホームを導入しているので、充電を給電して夜間時間帯の安い電気を昼間の高い時間に使うことで、経済化を図っています。
          リーフの中古車は200万円をかなり下回っているので、オススメかも、

          リーフtoホーム

          0
            リーフに充電した電気を家庭に給電することができるリーフtoホーム(EVパワーステーション)を設置しました。
            設置業者さんによると、倉敷市で2番目とのこと、

            充電は単価が低い深夜料金に行うことで、昼間にも安く電気を使うことができます。また使用が多い昼間のピークを下げることにもなります。

            どれほど使えるのかは、今から検証していきます。

            リーフで京都へ、、、、

            0
              長女の混声合唱の発表会を聴きに京都へ行ってきました。

              片道約250kmをリーフで走行、、、、

              出発前に自宅でフル充電、インジケーターは170kmを表示、





              最初の充電は、山陽道福石PA



              EV充電器のスペースには誰もおらず、

              設備で気がついたことが、、、、

              急速充電器の横に、普通充電器が併設されている。

              多分故障の代替えとフル充電したいユーザーに配慮したものと推測、、、、

              その後約70km走行後、三木SAで充電、昼食、、、、

              ここでもスムーズに充電完了、、、

              京田辺市記念文化会館に予定どおり到着、

              発表会は17時に終了、

              その後、京都市内のホテルに移動、



              まちはすでにクリスマスムードでした。



              昭和の香りが漂う錦市場、、、



              先斗町



              鴨川



              八坂神社



              その後建仁寺へ、、、、有名な風神雷神を鑑賞(複写)



              木漏れ日が当たる縁側にいるといつまでもこのまま居たくなります。



              現在公開している天井画、生命力を強く感じます。



              少し遅く紅葉、、、、

              久しぶりの京都はとても趣きがありました。

              リーフの走行性は、ほぼ満足、高速は100km毎の充電が必要ですが、充電待ちがなければ全く苦になりませんでした。


              リーフ フォグライト取り付け

              0
                コストパフォーマンス重視で真ん中のXグレードを選択しましたが、最上級Gとの気になる差が・・・・

                ヘッドライトがLEDかハロゲンかの違いとフォグライトの有無・・・・

                いまどきハロゲンとは驚きましたが、LEDについても特に雨の視認性がもう一つのようです。

                購入後に気が付きましたが、メーカーオプションで選べたよう・・・またオートライトの有無も・・・・

                350万円以上の車にオートライトが付いていないとは・・・・

                仕方がないのでハロゲン用バルブをネットで注文(FET製 約3千円)、交換・・・・黄色から白色に・・・

                視認性もまあまあです。

                フォグはいろいろ探しましたが、結局。純正のリングフォグを注文(約43,000円)しました。

                こちらは、あまり、視認性の向上はありませんでした。

                しかし、フォグ取り付け部に付いてあった黒いカバーからスモール点灯時には、青いLEDランプが光り、見栄えはよくなったかも・・・?


                リーフ納車・・・

                0
                  リーフの契約から早1月あまり・・・ 200Vコンセント工事やゼロエミッションプログラム(日産の急送充電器無料使用や3年間メンテナンスサービス)の手続きなど準備など受け入れ態勢万全で後は車だけの状態が暫くありました。本日大雨の中、我家に到着・・・・
                  ホイールは自分で買ったものを装着してもらいました。一応アルミです。

                  カラーはブルーにしようか悩みましたがシルバーに!...銀リーフです!



                  ホイールハウスが大きいような・・・・・

                  いろんな設定(カーウイングスなど)が結構大変・・・
                  リーフはリモートで充電やエアコンの操作ができます!
                  リーフの特徴と言えば、やはりヘッドライト、リアライト。。。
                  特徴ありますよね?

                  リーフ充電用200Vコンセント設置工事

                  0
                    先日契約した日産リーフの200Vコンセント工事を行いました。
                    我家はオール電化住宅で200Vも電気温水器やIHクッキングヒーター用がもともと設置されていますが、リーフ用コンセントは分電盤から専用配線が必要とのことで、日産から工事委託されているJMという会社が工事を行いました。
                    設置個所は現地で相談した結果、玄関エントランス壁に取り付けることに・・・・
                    分電盤からの配線は、床下配線し、Co基礎に穴をあけ・・・・
                    後付けのため、どうしても美観は損なわれます。

                    上の箱は電源ON OFFのスイッチ・・・勝手に使われないよう鍵が付いています。

                    コンクリート基礎に穴を開けそこから配線・・・・

                    屋内配電盤横にリーフ専用分電盤を設置・・・・

                    これは200Vから100Vに変換するケーブル・・・ネットで調べた自作品・・・・200Vコンセントや急速充電器がない場合の緊急用です。
                    肝心の車はまだ・・・・
                    リーフを買うことをまわりの人は「チャレンジャー」と呼びますが・・・はたして・・・・・・

                     

                    日産リーフ・・・

                    0
                      以前から気になっていた日産リーフ・・・・
                      ネットで調べると1週間モニターキャンペーン中、さっそく応募したところ翌日ディラーから電話がありトントン拍子で商談&モニターすることに・・・・
                      ディーラーの急速充電で約80%(残走行距離160km)の充電率のGグレードを借用しました。

                      一般道の走行は至って普通で特に不満もなくECOモードで十分・・・・
                      高速道路ではECOモードの走りではもの足らず・・・・通常モードで走行・・・とても力強い走りです!
                      しかし残走行量の減り方は半端ではありません。
                      今治までの距離約120km・・・・倉敷出発時は160km程度走れると表示されていたのも関わらず、到着時には10kmを切っていました。
                      たぶん山道上り坂などでも電気の消費は大きいと思われます。
                      しかし使い方や急速充電器を上手く使うことでとてもECOな生活を送れるのでは・・・・
                      気になる値段ですが300~400万円で国の補助78万円、自治体(倉敷市の場合)20万円、合計98万円

                      写真は最上級グレードのG
                      維持費を考えるとコンパクトカー程度の感じ・・・・
                       

                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM